ネット副業の進化

ネット副業は今や直接請け負うパターンから、クラウドソーシングサービス経由の副業まで当たり前のように誰もがこなせるような時代になっています。しかしながら、これからはさらにネット副業が進化していく可能性があるでしょう。
それは、当たり前かのように全ての方々がオンラインミーティングが行われるようになり大企業から中小企業に至るまで、個人事業主までオンラインミーティングで仕事を進めることができる環境になったことに起因します。
これまではなかなかダイレクトにコミニケーションをとりながらネット副業を行えなかったところ、場合によってはオンラインミーティングの上で詳細を詰めた上、業務を進めることができるようになるからです。どうしても中間事業者であるクラウドソーシング事業者を通じて仕事を依頼することでニュアンスが伝わらないこともありましたが今後はネット副業で直接コミニケーションをとることができるようになれば、より高いレベルの仕事を依頼することができるようになったり、より細かいサービスまで提供することができるようになるわけです。
さらにこれからはネットワークが進化することになります。4Gの時代から5Gの時代に。単純計算で約100倍の通信速度になると言われています。
もちろん、なかなかアウトソーシングが出来なかった複雑な作業、たとえばデザインの詳細であってもネットワーク経由でやりとりできるようになるわけです。実際、こうしたスキルで高いレベルを所持していても、ネット副業では扱えないとされていたのが実際にネット副業で扱えるようになるわけです。
こうして、ネット副業で扱える業務が増えること、さらに携われる方々が増えていくことでさらにネット副業が活況を呈することになります。
もちろん、ネット副業の中間事業者もさらに事業規模が大きくなり、発展していくことになるでしょう。
こうして、企業側もさらにアウトソーシングを業務の幅を広げ、相乗効果につながることはいうまでもありません。
日本企業の形、さらに働き方が多様化している以上、ネット副業が進展していくくことになります。こうした時代の流れにいかに乗ることができるのか、自分自身のスキルアップとともに手がけていくくことに大きな意味合いがあります。
日本社会の構造変化の象徴のひとつにネット副業があると考えても大きな間違いではないといえるかもしれません。
今後はさらにその流れはすすみます。

投稿日: